海事代理士の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

国家資格

海事代理士

●海運業者に代わって海技試験の申請、海技免状の申請、更新、再交付の手続きなどを行う「海の法律家」。国土交通省管轄の国家資格で、1次試験、2次試験を合格した者が登録をして資格者となる。
難易度★★ 人気度★ 将来性★★★
海事代理士受験資格
年齢、学歴、性別などの制限はない。ただし、試験に合格しても海事代理士法第3条に定める結核自由に該当する者は海事代理士の登録ができない。

海事代理士試験科目
[筆記試験]
①一般常識(概括的問題)、憲法・民法・商法(第3編「海商のみ対象」
②海事法令(専門的問題)、(a)国土交通省設置法、(b)船舶法、(c)船舶安全法、(d)船舶のトン数の測度に関する法律、(e)船員法、(f)船員職業安定法、(g)船舶職員及び小型船舶操縦者法、(h)海上運送法、(i)港湾運送、(j)事業法、(k)内航海運業法、(l)港則法、(m)海上交通安全法、(n)造船法、(o)海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律、(p)国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律及びこれらの法律に基づく命令
[口述試験]
※当年度及び前年度筆記試験合格者を対象として行われる。
①海事法令
(a)船舶法、(b)船舶安全法、(c)船員法、(d)船舶職員及び小型船舶操縦者法

申込期間
8月中旬~下旬

試験日
[筆記試験]9月下旬
[口述試験]11月下旬

試験地
[筆記試験]小樽、仙台、横浜、新潟、名古屋、大阪、神戸、広島、高松、福岡、那覇
[口述試験]東京

受験料
6,800円

願書入手方法
受験者の居住地を管轄する運輸局(運輸監理部を含む)において交付される。郵便での請求は返信用の切手140円を同封。

申込方法
受験者の居住地を管轄する運輸局長(運輸監理部長を含む)に提出。郵送の際は書留郵便で郵送し、返信用の切手80円を同封。

合格発表
[筆記試験]10月下旬。合格者に通知される。
[口述試験]試験終了後20日以内に官報で公示するほか、合格証書を本人へ送付。

合格率
[筆記試験]55.3%(受験者273名、合格者151名)
[口述試験]94.8%(受験者173名、合格者164名)
(平成17年度)

問合せ先
国土交通省海事局総務課
各地方運輸局(海運監理部を含む)総務部総務課(沖縄は、沖縄総合事務局運輸部海運第一課)
URL:http://www.mlit.go.jp/