ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 医療・福祉の資格 > ケアマネージャー

スポンサードリンク

公的資格

ケアマネージャー(介護支援専門員)

●2000年4月に導入された介護保険制度で、高齢者の介護計画を作る新しい専門職。介護保険指定施設にはこの専門員の1人以上が配置が義務付けられており、介護ビジネスの将来性の期待からも受験者が多い。
難易度★★★ 人気度★★★★★ 将来性★★★★
ケアマネージャー受験資格
保険・医療・福祉分野で、次の条件を満たす者が受験できる。
①指定する国家資格等に基づく業務に従事する者、②施設等において必置とされている相談援助業務に従事する者、③介護等の業務に従事する者であって、従事機関が5年以上かつ実勤日数が900日以上(③の場合で一定の資格がない者は、従事機関10年以上かつ実勤日数が1800日以上)の実務経験がある者が受験できる。

ケアマネージャー業務内容
介護保険サービスを受ける高齢者一人ひとりの為にサービスメニューを作り、業者との連絡調整をするのが主な仕事。どんなサービスをどの業者からどの程度の頻度で受けるか等詳細に決定する。その他、保険申請の代行や、市区町村の委託を受け介護が必要かどうかの認定の為、訪問調査を行う。

申込期間
都道府県知事または都道府県知事の指定を受けた試験実施団体から、公報等通じて公表される。

試験日
年1回以上。10月下旬。

試験地
受験者が受験資格に該当する業務に従事している勤務地の属する都道府県。受験資格に該当する業務に従事していない場合は、住所地の属する都道府県にて行う。

受験料
各都道府県により異なる。

願書入手方法
受験地の都道府県または、都道府県知事の指定を受けている試験実施団体から取寄せる。

申込方法
受験する都道府県の担当窓口または、都道府県知事の指定を受けている試験実施団体へ申込む。

合格発表
厚生労働省が指示する合格基準に基づき、都道府県知事が合否を決定する。受験者への合否は全員に通知される。合格発表日は都道府県により異なるが、12月上旬ごろが目安。

合格率
25.6%

問合せ先
各都道府県の介護保険担当課