JTFほんやく検定の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 語学・教育の資格 > JTFほんやく検定

スポンサードリンク

民間資格

JTFほんやく検定

●実務の翻訳の現場でどの程度通用するかを判定する検定。実用レベルの1級~3級、基礎レベルの4級・5級があり、翻訳業界のプロフェッショナル達が採点・評価を行い、合格レベルを判定する。なお、実務レベルとしては2級以上が求められている。
難易度★★★ 人気度★★ 将来性★★★
JTF(ほんやく検定)受験資格
制限なし

JTF(ほんやく検定)試験科目
[実用レベル]
各級共通6分野中1分野を選択。翻訳の完成度に応じ、1~3級または不合格を判定する。
出題分野は(1)政経・社会、(2)科学技術、(3)金融・証券 (4)医学・薬学、(5)情報処理、(6)特許
英日翻訳・日英翻訳より選択。
【1級】
専門家の翻訳であると認定する。原文の情報が正確で分かりやすく、かつ適切な文体で表現されている。
【2級】
完成度の点では1級には一歩譲るが、実務では十分に通用する翻訳であると認定する。 実務上では若干の修正が必要であるが、重大な誤訳はない。
【3級】
内容理解力、表現力などの面で欠点もあるが、限られた時間内での作業、試験という特殊な環境などを考慮すると、実務で一応通用する翻訳力があると認められる。今後の自己研鑽が鍵である。

[基礎レベル]
4級・5級それぞれ課題があり、基礎語学能力および「翻訳のセンス」の有無を判定する。
【4級】
英日翻訳2題および日英翻訳1題
【5級】
英日翻訳3題

申込期間
試験日の約1ヵ月前まで

試験日
2月と7月の第4土曜日

試験地
インターネット試験はどこで受けてもよい。
会場試験は、仙台、東京、大阪、広島

受験料
実用レベル1科目:10,000円
実用レベル2科目:15,000円
基礎レベル4級:6,000円
基礎レベル5級:5,000円
4・5級併願:10,000円

願書入手方法
下記問合せ先の事務局に請求するか、インターネットでの入手可能。

申込方法
会場受験は願書、受験料振り込み受領書のコピー、80円切手を同封し、日本翻訳連盟へ郵送。
インーネット受験は下記サイトより申込み。
会場受験
インターネット受験

合格発表
試験終了後2ヶ月以内に合否通知を送付(受験者全員)。

合格率
【英日翻訳1級】 3.1% (受験者584名、合格者18名)
【日英翻訳1級】 4.5%(受験者265名、合格者12名)
【英日翻訳2級】 5.8% (受験者584名、合格者34名)
【日英翻訳2級】 10.6%(受験者265名、合格者28名)
【英日翻訳3級】 30.3% (受験者584名、合格者177名)
【日英翻訳3級】 27.2%(受験者265名、合格者72名)
【4級】 49.4%(受験者180名、合格者89名)
【5級】 43.2%(受験者222名、合格者96名)
合計 42.0%(受験者1,251名、合格者526名)
(2006年度合計)

問合せ先
(社)日本翻訳連盟 ほんやく検定委員会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-8-1 牧野ビル3F
TEL:03-3555-6365 FAX:03-3552-1784
URL:http://www.jtf.jp/