翻訳技能認定試験の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 語学・教育の資格 > 翻訳技能認定試験

スポンサードリンク

民間資格

翻訳技能認定試験

●翻訳技能認定試験は、翻訳者として独立、企業内で翻訳スキル活かした仕事をする為の能力を認定する検定試験。プロとして6年以上の経験を有すると判断出来る1級から、3年以上の経験相当とされる2級、以下、3級、4級、基礎級まで5段階の認定をする。
難易度★★★★ 人気度★★ 将来性★★★
翻訳技能認定試験受験資格
制限なし。ただし実務経験がないと基礎級以外の合格は厳しい。

翻訳技能認定試験部門
・審査の対象となるのは英語と中国語の2言語の翻訳。
・それぞれ英→日、日→英、中→日、日→中、2言語間の翻訳力が試験される。
・中国語部門はA部門のみの実施。
A部門 文化、芸術、スポーツ
B部門 法律、政治、経済
C部門 工学、化学、科学
D部門 医学、薬学、バイオ
※希望部門を選択し、試験を受ける。試験成績により1級~基礎級の合格級が判定される。

翻訳技能認定試験試験科目
【共通知識試験】
①文法、②構文、③パラグラフ、④文体等
【部門別翻訳技能試験】
・A部門(文化、芸術、スポーツ)
①アート関係、②レジャー、③文化関係
・B部門(法律、政治、経済)
①政治関係、②法律関係、③経済関係、④財政金融関係、⑤社会関係
・C部門(工学、化学、科学)
①機械、運輸装置関係、②電気、電子、情報処理関係、③材料関係、④応用科学関係、⑤資源、エネルギー関係、⑥建設関係
・D部門(医学、薬学、バイオ)
①医学、薬学及び衛生工学関係疾病及び治療、薬品、食品及び環境衛生、②農林・水産及びバイオテクノロジー関係食品・飼料作物、畜産、造林、漁業及び海運関係法規、バイオテクノロジー
※各部門それぞれ文書の種類が異なるので要確認。

申込期間
第1回 3月中旬~5月中旬
第2回 8月上旬~10月上旬

試験日
第1回 6月上旬
第2回 10月下旬

試験地
東京、大阪

受験料
10,500円

願書入手方法
(社)日本翻訳協会に請求。

申込方法
受験料を納入し、受験申込書に必要事項を記入し提出。

合格発表
約2ヶ月後に受験者全員に文書ももって通知。

合格基準
1級: (共)60点以上 (部)90点以上
2級: (共)60点以上 (部)80点以上 
3級: (共)60点以上 (部)65点以上
4級: (共)60点以上 (部)50点以上
基礎級: (共)60点以上 (部)50点未満
※(共)は共通知識試験、(部)は部門別翻訳技能試験

問合せ先
(社)日本翻訳協会 翻訳技能認定試験係
〒105-0000 東京都港区赤坂4-3-1 共同ビル赤坂
TEL:03-3568-6257 FAX:03-3568-6258
URL:http://www.jta-net.or.jp/