ハングル能力検定の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > 語学・教育の資格 > ハングル能力検定

スポンサードリンク

民間資格

ハングル能力検定

●「読む、書く、聞く、話す」の4技能バランスの取れた評価を目指す検定で、年々注目度が増している。2001年より大学入試センター試験にも韓国語が導入されている。
難易度★★★ 人気度★★★★ 将来性★★★
ハングル能力検定受験資格
国籍、学歴、年齢などに制限なし。

ハングル能力検定試験科目
[1級]高度な内容(一般社会の常識の範囲内)の韓国語・朝鮮語を聞き、話し、読み、書くことが出来る。2次試験は面接試験である。
※準1級は第26回よりなくなっている。
[2級]日常生活や職業上の用務を果たすうえで必要な一般的な韓国語・朝鮮語を聞き、話し、読み、書くことが出来る。
[準2級]2級と3級の中間レベルで、1級・2級への準備段階。
[3級]平易な韓国語・朝鮮語を聞き、話し、読み、書くことが出来る。
[4級]基礎的な韓国語・朝鮮語を読み、書き、聞くことが出来る。ある程度、辞書を使う事ができる。
[5級]ハングルを習い始めた初歩段階。ハングルのごく短い文章を読み、書き、聞き取る事ができる。

申込期間
春季:3月中旬~4月下旬
秋季:8月下旬~10月上旬

試験日
春季:1次試験→6月上旬 2次試験→6月下旬 
秋季:1次試験→11月中旬 2次試験→12月上旬

試験地
札幌、仙台、東京、千葉、新潟、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡、大分、沖縄

受験料
[1級]10,000円 [2級]6,500円 [準2級]5,500円
[3級]4,500円[4級]3,500円 [5級]3,000円

願書入手方法
全国主要書店で入手する。郵便の際は送付先住所を記載した返信用封筒1枚と、90円切手2枚を同封し、下記問合せ先のハングル能力検定協会へ郵送する。

申込方法
受験料を銀行または、郵便局にて振り込むか、特約書店の払い込み、その証明書と願書を併せてハングル能力検定協会へ郵送。

合格発表
春季:1次・2次試験ともに7月中旬(1級の1次は6月中旬)
秋季:1次・2次試験ともに12月中旬(1級の1次は11月中旬)

合格率
[1級]16.2%(受験者68名) [2級]34.3%(受験者831名) [準2級]42.3%(受験者2,177名)
[3級]77.2%(受験者3,524名) [4級]91.5%(受験者4,143名) [5級]84.2%(受験者3,520名)

問合せ先
(特定非営利活動法人)ハングル能力検定協会
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-5 5F
TEL:03-3568-7270 FAX:03-3568-7271
URL:http://www.hangul.or.jp/