調理師の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

国家資格

調理師

●近年のグルメ指向でますます注目度の増す国家資格。飲食店に限らず、ホテルや旅館、病院、保健所、客船、飛行機など活動範囲は広い。調理師試験を受けるほか、養成施設に入学する事で資格を取得するこ事もできる。
難易度★★★ 人気度★★★ 将来性★★★
調理師受験資格
次の学歴と職歴の条件を満たしている者
[学歴]
①中学校卒業以上の者
②小学校卒業生で、5年以上調理業務に従事した者
③学校教育法による各種学校として認可されている外国人学校の中等部を修了した者で、上記①と同等以上の学力があると厚生労働大臣に認定された者
[職歴]
上記の学歴修了後、次の施設または営業施設で2年以上調理業務に従事した者(但し、学歴が上記②の者は通算7年以上必要)。
①飲食店営業(旅館、簡易宿泊所含む)
②魚介類販売店(販売のみで、調理工程を認められていないものは除く)
③惣菜製造業
④学校、病院、寮などの給食施設(継続して1回20食以上または1回50食以上調理する施設)
※下記の場合は職歴とは認められない。
①会計、ボーイ、ウエイトレス、ホステス、運転手等直接調理業務に従事していない者
②調理学校で調理実習指導等に従事している者
③栄養士、保育士、看護師およびホームヘルパー等の職種で採用され、調理業務に従事している者
④パート、アルバイトで調理業務に従事している者。但し週4日以上かつ実働6時間以上勤務を継続している場合は職歴として認められる。
⑤会社や研究所で食品開発業務の一環として調理業務に従事している者
⑥飲食営業の許可を受けた営業施設で、ケーキ、デザート類、パン製造(調理パンは除く)のみの業務に従事している者
⑦菓子製造業の許可のみの認可を受けた営業施設で従事している者

調理師試験科目
次の7科目について筆記試験を行う(60問、四肢択一)
①食文化概論
②衛生法規
③公衆衛生学
④栄養学
⑤食品学
⑥食品衛生学
⑦調理理論

申込期間
各都道府県により異なる。

試験日
各都道府県により異なる。

試験地
各都道府県が指定する試験会場。

受験料
各都道府県により異なるがおよそ6,800円。

願書入手方法
各都道府県により異なる。

申込方法
受験申込書に必要書類(受験願書兼受験台帳、卒業証明書、受験票及び写真台帳、写真、受験票送付用封筒、受験手数料納付後の領収書、調理業務従事証明書)を添えて各都道府県の担当課へ提出。

合格発表
各都道府県により異なる。

合格率
50~65%

問合せ先
各都道府県の調理師試験担当課。