公認会計士の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

スポンサードリンク

国家資格

公認会計士

●経理関係の資格の中で最高の国家資格。業務内容は数え切れないほど多く、企業やその他法人の財務書類の監査や証明が中心。この仕事は公認会計士の独占業務である。社会的責任重大の資格である。
難易度★★★★★ 人気度★★★ 将来性★★★★★
公認会計士受験資格
制限なし。
[短答式試験]試験合格者は、申請により試験2年間免除。7年以上の実務経験者、専門職大学院修了者などには一部科目免除。
[論文式試験]合格科目は申請により2年間免除。司法試験、不動産鑑定士試験、税理士試験合格者などには、一部科目免除。
公認会計士になるための業務補助は、試験合格の前後を問わない。

公認会計士試験科目
1段階2回の試験
[短答式試験]①財務会計論、②管理会計論、③監査論、④企業法
[論文式試験]必須→①会計学、②監査論、③企業法、④租税法、[選択]→①経営学、②経済学、③民法、④統計学より1科目選択

申込期間
2月下旬~3月上旬

試験日
[短答式試験]2月下旬③④の2科目、6月上旬①②の2科目
[論文式試験]8月下旬②④の2科目、8月下旬①の科目、8月下旬③の選択科目

試験地
北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、熊本、福岡、沖縄

受験料
19,500円分の収入印紙を消印せず受験願書に貼付け。

願書入手方法
1月中旬~3月までに、下記の問合せで配布。郵便で請求すする場合は、封筒の表に「公認会計士試験受験願書請求」と記載し、返信用封筒(角2号、140円切手、宛先明記)を下記問合せ先の各財務局理財課へ。ただし、公認会計士、監査試審査会事務局は配布のみ。

申込方法
受付は、郵便下書留のみ。受験願書に必要事項を記載し、下記問合せ先の各財務局管財課に送る。写真票、受験票、免除通知書など添付。

合格発表
[短答式試験]7月上旬
[論文式試験]11月下旬
合格通知書、合格証書を郵送し、官報に公告するほか下記ホームページにも掲載予定。

合格率
[1次試験]14.7%
[2次試験]8.5%
[3次試験]65.2%
まずは短答合格!公認会計士 2010短答合格コース<12月向け>

問合せ先
北海道、東北、関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州の各財務局理財課(関東及び近畿財務局は理財第一課)、福岡財務支局理財課、沖縄総合事務局財務部理財課。公認会計士、監査審査会事務局総務試験室
URL:http://www.fsa.go.jp/cpaaob/

公認会計士の資格を取るならオススメ