米国公認会計士(CPA)の資格-資格info

資格、資格試験、資格取得のお役立ち情報。国家資格・各種資格試験情報や資格取得に関する情報サイト。

資格info TOP > ビジネス・金融の資格 > 米国公認会計士(CPA)

スポンサードリンク

公的資格

米国公認会計士(CPA)

●米国公認会計士(CPA)は、日本国内はもとより世界各国で活躍できる国際資格で、監査業務や、財務諸表の作成・経営・財務・税務に関する調査、立案、相談等のマネジメントサービスを行う。資格者の活動の場は急速に広まっている将来性の高い資格である。
難易度★★★ 人気度★★★ 将来性★★★★
米国公認会計士(CPA)受験資格
原則として、4年制度の大学卒業者及び卒業見込みの者(日本の大学も可)で、大学生、短大卒業者、高校卒業者など4年制大学を卒業していなくても受験できる州もあるので要問合せ。

米国公認会計士(CPA)試験科目
全国で4科目、合計14時間
①監査 Auditing & Attestation(4時間半)
②財務会計・公会計 Financial Accounting & Reporting(4時間)
③税法・商法 Regulation(3時間)
④ビジネス Business & Concepts(2時間半)
いずれもCBT(Computer Based Test)、コンピューターでの受験となり、受験者の好きな科目数を好きな順番で受験できる。

合格基準
100点満点中、75点以上で合格。日本の公認会計士試験のように合格者数は決まっていない。科目ごとの合格が可能で、一度に4科目すべてに合格しなければならない訳ではない。
1科目ごとの科目合格が可能。その際、最初の合格から18ヶ月間有効。

試験日
最大年4回受験可能。
1年を3ヶ月ごとの4期に分け、各期初めのヶ月間が試験期間。

試験地
米国内の約300ヵ所のプロメトリックテストセンターで実施。

受験料
初回受験で4科目受験の際は、約$575~$800(各州により異なる)。

申込方法
出願して州の受験要件を満たしていると判定された後、テストセンターに電話する。ネットでの申込みも可能。

問合せ先
[試験に関する問合せ]
米国公認会計士協会(AICPA)
URL:http://www.cpa-exam.org/